【超回復】寝具で疲労回復⁉│睡眠の質を上げ疲れが取れるおすすめ寝具(ベッドマットレス)

寝具

快眠!!マットレスレビューです。

本記事では、寝具によってあなたの疲労回復度が左右されてしまう理由を解説します。

ところで「寝具を変えるだけで疲労回復に差が出るなんてありえない」と思っていませんか?世の中で成功されている経営者の方々やパフォーマンスを出している会社員は、仕事が忙しく寝る時間もほとんどなさそうなのに、なぜ常にアグレッシブに働けているのかと気になっているのではないでしょうか?

事実として、仕事が忙しい状態なのに対して睡眠に気を遣わない人は、100%体調を崩すと言い切れます。40代前半くらいまでの若年層であれば「今」は体になんの支障もないかもしれません。ただ、少なくとも40代後半以降の年齢になると睡眠に気を遣わないだけで、「疲れがとれない」「体のあちこちが痛い」「気力でどうにかできない」と感じる時が必ずきます。

本記事では、寝具と疲労回復の関係性を解説するだけでなく、疲労回復に効果的な寝具(ベッドマットレスや枕など)を紹介しています。

快眠!!マットレスレビューが過去100本以上の記事を執筆し、マットレスを比較・考察してきた実績を基に解説しますので、是非参考にしてください。

そもそも、今すぐに疲労回復ができる寝具がほしいという方は、下記2つのマットレスのいずれかをお選び下さい。

※本ページではプロモーションが含まれています。

1.寝具次第であなたの疲労回復スピードが左右される

結論から言うと、

寝具は非常に大事な疲労回復アイテムであり、あなたの疲労回復スピードは寝具によって左右されます。

なぜなら、使用者の体に合った寝具(マットレスや枕)を使うことで、適切な体圧分散による負担軽減や血行が促進され、身体中に酸素が滞ることなく行き渡るからです。

例えば、質の高い体圧分散機能が付いているエママットレスのようなマットレスを使用すると、仰向けで寝ている場合、使用者自身の体重によって背中や腰の筋肉にかかる負担が大きく軽減されます。

その結果、背中や腰の部分に流れる血液の圧迫が和らぎ、血液循環が滞りなく行われるのです。

さらに、寝返り促進機能が付いていれば、その名の通り寝返りが促進されて寝姿勢が頻繁に変化します。つまり、体圧により一箇所に掛かる血液圧迫時間が短縮されるので、より血液が妨げられることなく循環することになるのですね。

そもそも、マットレスに高反発機能が付いているのは、寝返りを打たせるためです。本記事でご紹介しているマットレスには、すべて高反発機能が付いているので、どれを選んでも快適な睡眠が手に入るでしょう。

従って、

使用者に合った寝具を使用することで、例え仕事が忙しく短時間しか睡眠をとれない状況であったとしても、短時間で十分な眠り・疲労回復が期待できるのです。

次の見出しから、快眠!!マットレスレビューがおすすめする寝具をご紹介します。

 

2.【影響大】短時間の睡眠でも疲労回復が期待できるおすすめ寝具を紹介

こちらの見出しでは、いつもお仕事や時間に追われているあなたにおすすめなマットレスと枕をご紹介します。

これらの寝具を使うことで、あなたのお仕事効率化に貢献してくれることでしょう。

睡眠の質に影響!体の疲れが取れるマットレス│疲労回復におすすめな寝具

ここでは、高品質な体圧分散及び寝返り促進機能のついたマットレスを2商品ご紹介します。

エマスリープマットレス
・コアラマットレス

エマスリープマットレス

エマスリープマットレスは、ドイツ発祥の世界31カ国、全世界400万人以上が愛用する寝心地を追求したマットレスです。日本では2020年の冬から販売が開始されました。

エマスリープマットレスは、グレードにより

・エママットレス
・エママットレスハイブリッド
・エママットレスプレミアム

と現在3種類のマットレスと他ベッドフレームや枕などの寝具が販売されています。

3種類ともに工夫された特別なウレタンフォーム素材を軸として、「ハイブリッド」「プレミアム」は加えてポケットコイルを使用することで、身体の各部位に対してさらに詳細に体圧分散の質を高めてくれます。

高品質な体圧分散機能が付いていることで、使用者の身体のラインにしっかりとフィット。程よい硬さ・柔らかさで体圧を分散させながら下からしっかりと身体を支えてくれます。

もちろん寝返りも促進してくれるので、少ない力(エネルギー)で寝返りを打つことができ、身体に負担を掛けず、且つ血流を妨げることがないので、高品質な睡眠+疲労回復が期待できます。

さらには、お値段が高額ということもあり100日間のお試し期間(返品・全額返金保証)+10年間の品質保証もついてますので、安心してお試し購入ができますよ。

下記の記事では、エママットレスの寝心地について詳細を記載していますので是非読んでみてください。

【使い方】エマスリープマットレスの寝心地は向き(上下・裏表)次第!ブログ体験談から検証
エマスリープマットレスの寝心地は実際どう?表裏や上下の向きの違いに影響する?両面使える?この記事では、ブログから検証した体験談を基にエママットレスの使い方や寝心地について解説します。

 

コアラマットレス

コアラマットレスも、その名前の通りコアラで有名なオーストラリア発祥のマットレスです。余談ですが、コアラマットレスの売上の一部はコアラを始めとする絶滅危惧種の環境保護活動へ寄付として充てられています。

コアラマットレスは、通気性が良く低反発と高反発を組み合わせた独自開発のウレタンフォームを使用し、体型や年齢を問わず全ての方に最高の寝心地をお届けしています。

そしてコアラマットレスというと、有名なのは下記の動画ではないでしょうか?(※30秒ほどの動画です)

振動を吸収するゼロ・ディスターバンス技術により、例えばパートナーや御家族と一緒に寝ていたとしても相手の寝返りなどによる振動が伝わることはありません。動画内の倒れないワイングラスがそれを証明しています。

つまり、あなたの体がとても疲れていて睡眠を欲していたとしても、パートナーの寝返りなどによりあなたの睡眠を妨げられることがないのですね。

そしてコアラマットレス独自のゾーニング構造により、身体の各部位をしっかりと体圧分散。そして寝返り促進で、血行改善。短時間で、質の高い睡眠と疲労回復が期待できます。

こちらのコアラマットレスは、現在4種類が発売されています。

・オリジナルコアラマットレス
・Newコアラマットレス
・NewコアラマットレスBREEZE
・NewコアラマットレスBAMBOO

またこれらのコアラマットレスシリーズも、120日間のお試しトライアル期間(返品・返金保証)+10年間の品質保証が付いていますので、こちらも安心してお使いいただけます。

コアラマットレスシリーズについての詳細は以下からご確認ください。

 

睡眠の質に影響!疲れが取れる枕(まくら)│疲労回復におすすめな寝具

枕は、マットレスと同様に、非常に重要な睡眠の質を左右するアイテムです。

使用者に合った枕を使うことで、首から肩にかけての血液循環が良くなり、脳に適切に新鮮な酸素を運んでくれるため、特に精神的・神経的疲労の回復に効果があります。

その上で、枕にとって重要な『理想の枕の高さ』をあなたに合わせて調整ができる枕を2商品ご紹介しましょう。

・ブレインスリープピロー
・エマピロー

あなたに合った『理想の枕の高さ』で、脳への酸素供給、いびき改善が期待できます。

ブレインスリープピロー

ブレインスリープピローは、あなたの「理想の枕の高さ」へと自然に形状変化し、抜群の通気性により睡眠中にあなたの脳を冷やしてくれるので、睡眠の質のアップと疲労回復を促してくれます。

ブレインスリープピローは、繊維状の素材が絡まり合って構成されています。またこの繊維と、特徴でもある「3層構造+7グラデーション構造」により、ブレインスリープピローの使用開始から約1週間かけてあなたの頭部にフィットした状態で固定してくれます。

繊維が絡まった構造の為、ブレインスリープピローの内部は非常にスカスカな状態です。これは、空気が通りやすいことを表します。

従って、睡眠中に使用者の体温がブレインスリープピローの内部にも伝わりますが、その熱が内部で籠ることがなく、常に周囲の空気を取り込み吐き出す循環がされているので、頭部を冷まし、良質な睡眠をとることが可能です。

 

エマピロー

エマピローは、上記でも説明したエママットレスと同じ会社『Emma Sleep Japan合同会社』から発売されている商品です。

大きな特徴は、「3層構造」と「高さ調整」が可能な点でしょう。

3層構造は、各々が特徴をもった3つの素材「ゲルエアーフォーム」「HRXフォーム」「メモリーフォーム」でできており、これらの組み合わせにより頭部への影響が変わります。

またこの3層は、出し入れが可能です。従って、組み合わせを変えることで使用者の「理想の枕の高さ」に合わせて、高さを調整することができます。

以下の記事では、ご紹介したブレインスリープピローとエマピローについての詳細を記載しています。※NELLマットレス向けと記載していますが、どなたに対してもおすすめできる枕となります。

あなたの「理想の枕の高さ」を測定する方法もこの記事の中で説明していますので、是非読んでみてください。

【重要】NELL(ネル)マットレスにオススメの枕(まくら)│腰痛や肩こりを解消する方法
NELLマットレスと相性の良いおすすめの枕は?自分にピッタリな枕を選ぶには?腰痛も肩こりも解消する?本当に睡眠の質を上げたいのであれば、ネルマットレスだけ替えたのでは意味がありません。睡眠の際の必須アイテムである枕もまた、睡眠の質を上げる為の重要な役割を担っています。

 

3.自分に合った睡眠の質を上げ疲れが取れる寝具を選ぶポイント

では、自分に合った寝具を選ぶにはどうしたらよいのでしょうか?

まず、疲労回復の為に最も重要な寝具アイテムは、冒頭からも紹介している通り、マットレスです。

そのほかにも、睡眠環境を整えてストレスのかからない良質な睡眠を取る為に必要なアイテムや、それらを選ぶ際にポイントを以下の順で紹介していきます。

・マットレス
・枕
・ベッドフレーム
・シーツ
・敷きパッド(季節による)

疲労回復に!ベッドマットレス・枕の選び方

マットレスと枕の重要性については、冒頭からこの記事の前半にかけて解説していますので、ここでは割愛させて頂きます。

選ぶ際のポイントは、やはり「質の高い体圧分散」「寝返り促進」機能です。

さらにもう1つポイントを付け加えるなら、「通気性」も重要といえます。

人は睡眠中に必ず汗をかきます。その量は、1晩につきコップ1杯分とも言われます。睡眠中にかいた汗は、重力に従って下へ垂れ、マットレスや枕に浸み込んでいきます。

浸み込みを防ぐ為にシーツや枕カバーなどがありますが、それでも防ぎきれない部分はやはりマットレスや枕に吸収されてしまいます。

温度を含んだ汗は、湿気となり、マットレス・枕の中に溜まります。その内部に吸収された汗が溜まり続けると、やがてカビが発生し、不衛生且つ人体にも影響を及ぼしかねません。

湿気が溜まることを防ぐには、「通気性」が大事なのです。

通気性のよいマットレスであれば、内部に溜まろうとする湿気を常時外部へ運び出そうとする役割を担ってくるので、湿気が溜まらないだけでなく、睡眠中の体温により伝わったマットレス内部の熱も吐き出してくれます。

その結果、夏などは暑さに苦しむことなく、快適な睡眠をとることができるのです。

上記で紹介したエママットレスコアラマットレスも通気性の部分はもちろんクリアしています。

またこれら以外にも、「体圧分散」「寝返り促進」「通気性」をクリアするマットレスもありますので、新調する際のポイントとして是非参考にしてみてください。

 

疲労回復に!ベッドフレームの選び方

ベッドフレームを選ぶ際のポイントは、「理想のすのこ型ベッドフレーム」であることです。

上記の「マットレス・枕」を選ぶポイント欄で「通気性」について述べました。

マットレスのせっかくの「通気性」機能を活かし、通気性を妨げない為のベッドフレームである為には、

「理想のすのこ型ベッドフレーム」の条件を満たすことが重要なポイントです。

理想のすのこ型ベッドフレームの条件とは

・マットレス底部とベッドフレームの接触面が「すのこ型」であること
・すのこ同士の隙間が7cm以内であること
・床からの高さ7cm以上
・床とマットレスの間に空気の通り道となる空間が確保されていること

この「理想のすのこ型ベッドフレーム」の条件を満たすことで、マットレスの通気性を活かし、より良質な睡眠環境となることでしょう。

すのこタイプのベッドフレームで当サイトがオススメするのは、コアラアーバンベッドフレームです。

コアラアーバンベッドフレームの特徴は3つ
1.すのこタイプのベッドフレーム(高さ7cm以上)
2.通気性をしっかり確保!湿気に強く、ベッド下に埃も溜まりにくい!
3.シンプル且つ丈夫で安価

コアラアーバンベッドフレームは、コアラマットレスを提供するkoala社のベッドフレームですが、コアラマットレス専用というわけではなく、他メーカーのマットレスであっても問題なく使用可能です。基本的にどのサイズであってもベッドフレームの寸法内に収まります。
※念のため、購入の際にはマットレスとベッドフレームの寸法をご確認ください。

尚、こちらのメーカーでは上記でご紹介した「コアラアーバンベッドフレーム」のほかに「コアラベッドフレーム」「コアラファブリックベッドフレーム」と計3種類のすのこ型ベッドフレームがあります。それぞれデザインも異なりますので、一度チェックしてみることをオススメします。

「ベッドフレームをどうしようか?」と悩んでいる方は、下記にサイトを貼っておきますので、一度見てみて頂くことをオススメします。

 

シーツに高いものは不要!素材だけ重要視すればOK

シーツは、「睡眠中に使用者から発汗された汗がマットレスに浸み込むのを防ぐ」「マットレスへの汚れ防止」「頻繁に取り換えることによる衛生面の確保」、などに有効な寝具です。

定期的な交換(理想は週に1回以上)さえしっかりすれば、基本的にはどのシーツであっても上記の役割は満たしてくれます。

マットレスほど高価な買い物ではありませんので、良質な睡眠環境を整える第一歩として検討してみたはいかがでしょうか?

さらにシーツを使って、睡眠の質を上げるのであれば、重要なポイントは「素材」です。

素材の機能性も大事ですが、使用者の方が「肌ざわりが気持ちいい」と心から思える素材を使うと、ストレスなく眠ることができるでしょう。

快眠!!マットレスレビューがおすすめする素材は、

オーガニックコットン

オーガニックコットンは吸湿性や通気性に優れた人気の素材であるだけでなく、抜群の肌ざわりと柔らかさです。

ベッドに横になった瞬間に思わず「気持ちいい」と呟いてしまうような気持ちよさがオーガニックコットンにはあります。

下記にオススメのオーガニックコットンシーツをご紹介します。もしお手持ちのマットレスとサイズが合うようでしたら、是非ご検討してみてください。

 

季節によっては敷きパッドもおすすめ

敷きパッドを使用している方は沢山いらっしゃることでしょう。

しかし実は、敷きパッドはマットレスの上に敷く寝具ですので、マットレスの「体圧分散」や「通気性」といった機能が損なわれる可能性があります。

特に防水タイプの敷きパッドであれば、マットレスのせっかくの通気性が損なわれてしまいます。

ですので、マットレスの特性を活かす為には敷きパッドは使用しない方が無難といえます。

但し、それは時と場合によります。

真夏や真冬など、季節によっては敷きパッドを使用した方が良い場合もあります。

快眠!!マットレスレビューでのおすすめの使用方法は以下となります。

真夏 ⇒ クールパッド
真冬 ⇒ 温暖効果のある敷きパッド

日本の真夏は湿度が高いこともあり、寝苦しい夜を過ごすことも多いでしょう。

そんな時は、「クールパッド」を使用して、ひんやり冷たい敷きパッドで快適な睡眠をとることを優先させるべきです!

真冬に関しても同様です。

もしあなたが通気性の良過ぎるマットレスを使用している場合、冬季は通気性の良さが仇となり、逆に余計に寒く感じる場合もあります。

そんなときは、発熱機能などのある敷きパッドを使用してみるのも一つです。

良質な睡眠環境を作り、短時間でもしっかりと疲労を回復できるよう、時と場合に応じて敷きパッドを使用してみることをオススメします。

\快眠!!マットレスレビューがおすすめする敷きパッドはこちらから/

 

4.疲労は身体・精神・脳(神経)の疲れが原因

ここからは「疲労はなぜ起こるのか?」や「疲労の原因」について解説します。

後半では、疲労から回復する為の方法や習慣についても紹介しますので、是非最後まで読んでみてください。

疲労はなぜ起こるのか?

疲労は、人体の生理的なサインの1つです。

「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」

と日本疲労学会で定義されています。

つまり、

「これ以上、動いたり、仕事をしたりと身体的・精神的にストレスが伴う行為を続けると、身体機能に支障をきたすよ」ということを、支障をきたす前に事前に教えてくれる反応が疲労です。

疲労が溜まると、集中力欠如、思考能力低下、注意力低下・散漫、身体のだるさ・重い、腰痛、肩こり、頭痛などといった症状がでてきます。

それらの症状の原因として、主に以下3つが一般的に考えられています。

・筋肉的疲労
・精神的疲労
・神経的疲労(脳の疲れ)

身体・精神・神経に過度なストレスが掛かることで、自律神経の作用に異常が発生、その結果が疲労として起こるのです。

筋肉的疲労とは

筋肉的疲労とは、その名の通り過度の身体を動かす運動や筋肉を使う労働が原因であるとされています。

症状としては、十分な力を継続することができなかったり、体のダルさ、息切れなどがあります。

回復に必要なのは、十分な休養と栄養です。

特に回復を早める為には、筋肉の血液の流れを良くすることです。有酸素運動を行うことで循環器系が活性化。心臓のポンプ作用により血液循環が促進されるので、疲れた部分に新鮮な酸素が血液と一緒に行き渡ります。

また十分な休養として、やはり「睡眠」が大事です。

特に、睡眠時に血流を良くすることでより筋肉の回復が早まりますので、良質な睡眠環境と整えることが大事と言えるでしょう。

 

精神的疲労とは

精神的疲労は、人間関係や環境の変化、仕事など心への過度のストレスにより生じます。

疲労は自律神経の乱れや異常により生じると先述しましたが、特に顕著に表れるのが精神的疲労です。

精神的ストレスにより自律神経のバランスが崩れ、気力の低下、気持ちの落ち込み、極度の不安を感じるなどの症状がでます。

 

神経的疲労(脳の疲れ)とは

神経的疲労とは、脳の疲れからくる疲労です。

長時間のパソコン作業が連日続く、長時間労働、など長時間視覚や脳の緊張状態が続くことにより脳が負担を感じ、神経的疲労が発生しやすいのです。

症状としては、判断力低下、集中力欠如などが起こります。

仕事のお忙しい経営者や会社員の方は、この神経的疲労と筋肉的疲労が溜まりやすい傾向にあります。
良質な睡眠環境を整えるだけでなく、以下でも紹介する疲労回復の為の効果的な習慣や方法を取り入れて、健康管理に十分お気をつけください。

 

5.疲労回復の為の効果的な習慣9選

上記で、疲労の種類には「筋肉的疲労」「精神的疲労」「神経的疲労(脳の疲れ)」の3種類があることを解説しました。

ここでは、それぞれの疲労から回復する為に効果的な習慣を紹介しますので、御自身の生活スタイルに合ったものがあれば、是非取り入れてみてください。

筋肉的疲労から回復する為の効果的習慣

効果的な筋肉的疲労を回復する為の習慣は以下3つです。

①7時間睡眠
②貧乏ゆすり
③就寝1時間前の歯磨き

それぞれを解説します。

①7時間睡眠

理想の睡眠時間は7時間と言われています。

7時間分の睡眠時間を確保することが理想ですが、難しい場合は、

短時間ずつでも仮眠をとる時間をつくり、合計して7時間以上の睡眠時間をとることも有効とされています。

合計7時間でも難しいという方は、この記事の前半でも紹介しているように良質な睡眠環境と寝具を整え、短時間の睡眠でも最大限回復できるよう睡眠の質を上げてみましょう。

②貧乏ゆすり

一見、お行儀が悪いと言われる「貧乏ゆすり」

実は「貧乏ゆすり」という行為は、体内の血行を促進する運動にもなり、筋肉的疲労回復に繋がります。

ふくらはぎをゆすることは、筋肉の運動となり血液循環が良くなります。また、足は心臓から遠い位置にあることから老廃物の溜まりやすい箇所とも言われます。

足の血行を良くすることで、血管に溜まった老廃物を流す効果も期待でき、

さらには筋肉が刺激されることで、幸せホルモンと言われる「セロトニン」の分泌効果もある為、イライラが解消され、落ち着きを取り戻します。

貧乏ゆすりは、左右の足を交互にバランスよくゆすると良いでしょう。

よくイライラする時や我慢するときに、思わず貧乏ゆすりをしてしまうことがありますが、実はその行為はイライラを解消するための生理的反応だったのですね。

③就寝1時間前の歯磨き

筋肉的疲労から回復する為には、寝つきを良くし、睡眠時間を最大限使って筋肉を休ませることが大切です。

その為に、就寝前に覚醒を刺激する行動は控えましょう。

例えば、歯磨き。歯磨き中の「歯茎への刺激」は、日中の活動で優位とされる交感神経が刺激されてしまいます。

就寝前に交感神経が優位になってしまうと、睡眠時に活躍する副交感神経が優位になりにくく寝つきが悪くなってしまうのです。

従って、歯磨きは少なくとも就寝の1時間以上前には終わらせて、且つ飲食をしないことで良質な睡眠を得ることができるでしょう。

 

精神的疲労から回復する為の効果的習慣

効果的な精神的疲労を回復する為の習慣は以下3つです。

④笑顔を絶やさない
⑤起床してすぐ日光浴
⑥思い切り泣く

それぞれを解説します。

④笑顔を絶やさない

気持ちが落ち込みやすい精神的疲労には、幸せホルモンとよばれる「セロトニン」の分泌が有効です。

セロトニンを分泌するにはどうすればよいか?

その答えは、「笑顔を絶やさない」ことです。

騙されたと思って、胸を張っていつも笑顔でいてみてください。

同じく御自身の脳が、あなたの笑顔に騙されて「自分は元気だ」と錯覚してくれます。

その結果、セロトニンの分泌が促進され、気分の落ち込みも回復へ向かうでしょう。

⑤起床してすぐ日光浴

朝、目を覚ましたら、カーテンを開けて日光浴をしてみましょう。

暖かい季節なら、窓も開けて、自然の風も浴びてみてください。

日光浴をすることで、セロトニンの分泌が始まります。幸せホルモンとよばれるセロトニンにより、気持ちを前向きに、心の安定を保ってくれるでしょう。

この日光浴については、この記事の後半の見出しでも特集しておりますのでそちらも是非ご覧ください。

⑥思い切り泣く

思い切り泣いてみるのも1つの有効な手段です。

ただし、怒りに身を任せて泣くのは逆効果なのでご注意を。

例えば、あなたの心を揺さぶるような感動する映画やドラマを見てみましょう。

周りの目が気になるのでしたら、お1人だけの状況を作って、誰にも見られないように感動して思いっきり泣いてみましょう。

涙を流すことで、あなたの気持ちが整理され、気持ちがとても楽になるはずです。

 

神経的疲労(脳の疲れ)から回復する為の効果的習慣

効果的な神経的疲労を回復する為の習慣は以下3つです。

⑦仲の良い友人との会話やカラオケ
⑧ボーっとする
⑨趣味に没頭

それぞれを解説します。

⑦仲の良い友人との会話やカラオケ

神経的疲労は過剰な労働や情報処理により、脳が疲れきった状態です。

そんなときは、仕事のことを一度完全に忘れて、自分の感情の思うままに声を出してみましょう。

一番良いのは、気兼ねなく話ができる友人と会って、好きなようにお話することがストレス発散につながります。

または、カラオケなどにいって思いっきり発声してスッキリすることも1つです。

好きなことを喋っているとき、歌を歌うときは、あなたの脳は仕事のことを一旦忘れているはずです。

そういった状態をつくりだし、声と一緒にあなたのストレスも吐き出してみてください。

⑧ボーっとする

一旦、全く何もしない日や時間を作りましょう。全身の力を抜いて、一旦気持ちをリセットです。

この時、約束してほしいことがあります。

①全く何もしない日や時間は、いつまで何もしないのか終わりを決めておく
②全く何もしない日や時間は、スマホなども触らない
③全く何もしない日や時間は、ネガティブなことを考えない

全く何もしない日や時間をいつまでとするかを設定しないと、だんだんと「自分はダメなんじゃないか?」とネガティブなことを考えるようになってしまい逆効果になってしまいます。

決まった時間だけ、「何もしない!」と決めることで脳をリフレッシュさせてください。

⑨趣味に没頭

あなたの趣味は何ですか?

過剰なお仕事やストレスで頭が爆発しそうになったら、一度手を止めて、あなたが本当に好きなことや趣味の時間にあててみましょう。

御自身の趣味に短時間でも没頭することで、脳をリフレッシュさせることができます。

 

6.疲労回復の為の効果的な4つの方法

続きまして、肉体的・精神的・神経的に効果がある疲労回復方法をご紹介します。

①適度な運動
②適度なストレッチ
③入浴
④高品質な睡眠環境を整える

①適度な運動

「疲れているときに運動するなんて、余計に疲れるのでは?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

実は、体が疲れているときこそ、適度な運動、特に有酸素運動は疲労回復に有効な手段です。

有酸素運動とは、ランニングやウォーキング、ボクササイズ、エアロビクスなどです。

筋トレなどの無酸素運動と違う点は、有酸素運動の方が酸素供給が活発化する点にあります。

疲労回復には、血行を促進し、酸素を全身に行き渡らせることが最重要です。

有酸素運動をすることで、酸素の供給と循環器系の機能が活性化します。その結果、全身に酸素が行き渡り、疲労が回復するのです。

 

②適度なストレッチ

ストレッチも有効な手段です。

入浴後すぐにストレッチをすることで、筋肉がほぐれます。筋肉がほぐれたことで、その箇所に走っている血管も同時にほぐれるので、血流が促進されます。

あとは上記の「適度な運動」と同様で、血流が促進されることで身体中に酸素が行き渡り、疲労回復に繋がります。

また特にストレッチは、朝起きたときに行うと効果的です。その日がとても充実した1日になること間違いなしです。

具体的なストレッチ方法については、次の見出しで紹介していますので、是非ご覧ください。

 

③入浴

38℃~39℃くらいのぬるま湯に15分程度浸かりましょう。

入浴が疲労回復効果があるとされるのには3つの理由があります。

・温熱作用

暖かいお湯の効果で血管が拡張され、血行が良くなる。

・浮力作用

湯に浸かることによる浮力で、全身の筋肉が弛緩。浮力により筋肉の圧迫がゆるむことで、内臓や血管への圧力が軽減されリラックス作用がある。

・静水圧作用

普段は重力により、下半身に血液と老廃物が溜まりやすい状態です。湯に浸かることで、水圧によって下半身に溜まる血液・老廃物が流れやすくなり、疲労回復に繋がる

これらの理由により、入浴は疲労回復に効果があると言えます。

 

④高品質な睡眠環境を整える

繰り返しとなりますが、疲労回復に最も効果がある方法は『睡眠』であり、

最も効果的且つ効率的に睡眠をとることが、疲労回復への近道です。

その為に、睡眠環境を整えましょう。お仕事などでなかなか睡眠時間がとれない人にとっては尚更です。

寝具次第で、あなたの疲労回復スピードは大きく変わります。

これを機会に、あなたが現在使用しているマットレスや枕、ほか寝具を見直してみることをおすすめします。

 

7.朝起きてすぐの日光浴とストレッチは、あなたの1日を変える!

上記でも少しだけ解説しましたが、起床後すぐの日光浴・ストレッチは朝スッキリ目覚める為にとても有効な方法です。さらに朝食にも気を遣うことで、仕事もプライベートもとても充実した1日を過ごすことができるでしょう。

以下の記事では、具体的な日光浴やストレッチの方法、おすすめの朝食メニューなど健康増進、且つ能率をアップさせるための対策をまとめております。是非、こちらも読んでみてください。

【必見】仕事効率アップ・健康増進!睡眠と朝のストレッチ・日光浴効果の関係│鍵は寝具(マットレス)にあり
「朝が辛い!ダルい!」そんな気分のまま1日を過ごしてしまうのは勿体ない!この記事では、仕事やプライベートで充実した1日を過ごす為におすすめな朝のストレッチ法や日光浴、朝食などをご紹介。さらに効率アップの為の寝具(マットレス)も紹介します。

 

8.まとめ

今回の記事では、「寝具によって疲労は回復スピードは変わるのか?」をテーマに解説しました。

この記事の結論として、

疲労回復スピードは、使用する寝具によって左右されます。

なぜなら、使用者の体に合った寝具(マットレスや枕)を使うことにより、適切な体圧分散による負担軽減や血行が促進され、身体中に酸素が滞ることなく行き渡るからです。

特に、マットレスや枕はあなたの疲労回復に大きな影響を与えます。

疲労回復の為のキーワードは、「血液循環」です。

血液が滞ることなく身体中に行き渡ることで、同時に新鮮な酸素も身体中に運ばれます。

その結果、疲労が回復するのです。

あなたの体に合ったマットレスや枕などの寝具を使用することで、質の高い体圧分散が実現され、且つ、寝返りが促進されます。

その結果、血管が御自身の体重によって長時間圧迫されることがない為、滞りなく血液が体中巡り、効率的な疲労回復へ繋がるのです。

従って、

あなたに合った質の高い寝具(マットレスや枕など)を使うことで、あなたの疲労は効率的・効果的に回復します。

あなたに合った寝具を是非この機会に探してみてください。

快眠!!マットレスレビューがオススメする寝具は、冒頭でも紹介したとおり、エママットレスコアラマットレスです。

エママットレスシリーズについては、以下のリンクより公式サイトへ是非アクセスしてみてください。

コアラマットレスシリーズについては、以下のリンクより公式サイトへ是非アクセスしてみてください。
以上、長文となってしまいましたが最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。